Contact us

Contact : kimonowajaku@gmail.com

2015/09/13

Cool Japanイベントのお手伝い

Cool Japan主催のイベントに参加しました。
日本のCoolがイタリアでどう咀嚼され、変貌を遂げているかを、日伊双方の視点から、統計なども交えて考察されたもの。イタリア側のオーガナイズはミラノ大学のRossalla Menegassoさん。
私は日本の着物を視覚的、具体的に見せるオブジェのようなお役目、笑。それはともかく、日本文化に精通している学者やバイヤーなどの視点を通して、日本の戦略がどう見られているのか、日本文化を現実的にヨーロッパに紹介していく上で何が足りないかを、再確認し、またあらたなヒントをもらえる有意義な会でした!



ミラノ工科大学をこの夏卒業した彼女自身がデザイン、着用しているのは着物からインスピレーションを受けた作品。
着物スリーブ、組みひもベルト、袴をモチーフにしたボトム。。。というひと目でわかることだけでなく、着物の仕立てを研究して34センチ幅(着物の反物は通常38センチ幅)のニットを全て直線断ちして仕立てたそう。またそのニットそのものも、ブラザー製(日本のブランド)の織り機で、極細の糸から自分で織ったとのこと。それだけ着物を研究してくれているのに、でも、西洋の、彼女のオリジナルになっているところが、本当に感動。

                   

日から伊へ、変貌をとげたものたち。

無味乾燥な会議室じゃない、宗教画をバックにした宮殿でこういう催しをやってしまうイタリア、でもそんなイタリアから憧れられる日本、もっと自国の文化に誇りをもって、もっと的確に深い洞察力をもって日本のことを伝えられるようになりたい。